理学療法学科

理学療法士という仕事

理学療法士は、日常生活で基本となる「座る・立つ・歩く」などの動作の改善を導く専門家。運動機能が低下した人を対象とした運動療法には関節可動域の増大・筋力の増強、麻痺を回復させる神経生理学的運動練習などの他に、寝返り・起き上がり・起立・歩行などの練習・指導を行います。最近では生活習慣予防やメタボリックシンドローム対策など、健康維持・予防医療のための運動療法も行い、補助手段としてホットパック・渦流浴・電磁波・低周波・牽引・マッサージなどの物理療法を用いています。活躍の場は、病院・クリニックやリハビリテーションセンターなどの医療機関から、保健・福祉施設、プロのスポーツチームまで、幅広い現場でそのスキルが求められています。

『学生に一番近い卒業生による授業』

下 嘉幸 先生私は、3年前から義肢装具学実習で足底板について教えています。公立病院を経て、訪問リハビリテーション一筋に仕事をしてきました。その中で、フィンランドでのインソール(足底板)を学び、姿勢や歩行との関連について、運動連鎖の観点から最適で、快適に作ることができる知識を在宅分野の活かす仕事をしています。今は、自分で、経営もする立場にもあり、より広い視点で、障がいと向き合っています。ユマニテクを卒業して、月日が流れるのは早いですが、ユマニテクで学んだ「豊かな人間性と確かな技術」の精神を胸に教鞭をとり、現場で頑張っています。さあ、あなたも、ユマニテクで勉強しませんか。

余裕のある4年制だからこそできる。
より高度な専門性を養う特科専攻講座(無料)を学ぼう

3年制では学べない、これからわが国の社会保障で重要な領域となるものに特化した講座が選択でき、医療専門職としてのより高度な専門性と幅広い知識を身につけることができます。講師陣も国内著名人を招いています。教育課程カリキュラムを超えた特科講座ですので修了者には修了証を授与します。
※希望により各専攻を入学後選択することができます。

健康増進専攻


ライフスタイルの変化に伴い、生活習慣病の著しい増加が予想されます。国の制度でも、健康の維持・増進、疾病の予防が21世紀医療の中核となりつつあり、時代を担うヘルスプロモーションの知識技術を持つ理学療法士、作業療法士が求められています。本専攻では個人や家族、集団、環境に関するヘルスプロモーションの方法を科学的に学びます。問題解決的志向に基づく予防医療の方法や制度を多角的に習得することができます。

地域保健専攻


介護保険制度が始まり、地域医療の進展により生活者支援の治療・運動科学の構築が強く求められています。地域保健講座では個人や家族、集団、環境に関するリハビリテーションの方法、実施、評価に関して理論や実践の基礎を固めるとともに、介護保険制度を理解し、ケアマネジメント技術を習得することを目的としています。特に在宅高齢者のリハビリテーションはニーズも高く、在宅医療では欠かせないものとなっています。

授業風景

基礎科目
健康科学、生化学、コミュニケーション学、生命倫理学、基本統計学、英語、情報処理、英会話、社会学、医学英語、生物学、言語表現学

運動器理学療法治療学
肩、肘、手、脚などの関節を中心とした運動器疾患について、各病態を知るとともに原因やリスク管理を学習。

検査測定論
各障がいに対して、筋力、関節可動域等の検査測定技術を学びます。

憧れの先輩に聞く!!卒業生インタビュー

理学療法学科で学んでいる在校生が医療現場で活躍する卒業生にインタビュー!職場のこと、学生時代の思い出、進路についての悩みなどいろいろ聞いてみました。

全員:こんにちは。今日はよろしくお願いします。
杉田:まず、仕事をされていてやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?
飯田:私は廃用症候群、がんや呼吸器系疾患などの手術をした患者様のリハビリを担当しているのですが、全員が完治して帰ることはまずありません。ですが、中には元気になって退院される方もみえます。そんな時、ご本人やご家族の笑顔をみると本当に良かったなと感じますね。
前田:逆に、仕事をしていて辛いと感じる時はどんなときですか
飯田:私の担当する病棟では、完治して退院せずに亡くなってしまう患者様が多く、中でも一番悲しかったのは、6歳の男の子が低酸素脳症で植物状態のような状況になり、最終的に亡くなってしまったこと。ご家族と一緒に悲しみに暮れてしまうのですが、こういう場面に日々遭遇することが一番辛いですね。
杉田:厳しい現実ですね。では質問を変えまして、夢への実現、将来のビジョンを聞かせてください。
飯田:患者様と接しながら自ら立案したプログラムで良い結果が得られた時など、描いたビジョンに少しは近づいてきているのかなと感じています。
前田:これから挑戦したいことは何ですか。
飯田:同じ疾患の患者様であっても、一人ひとりへの対応は違います。個々に最適な方法を考えていかなければならないということが日々挑戦ということになると思います。
杉田:ありがとうございます。ではご家族は今の仕事についてどう思われていますか。
飯田:主人が同じ職業なので、仕事内容などもわかってくれており、一番の良き理解者ですね。また、子どもが1歳なので育児面でも支えてくれています。職場には託児所が完備されているので、働く環境には恵まれていると思います。
杉田:学生時代にやっておくべきことはなんですか
飯田:学生の頃に勉強していた教科書やノートを、今でも見直したりもするので、実際の現場には必要なものとして、しっかりと勉強しておくと良いと思います。実習にしても実際の患者様に触れてみると全く違う。だからこそ基礎はしっかり学んでおいたほうが良いと思います。
杉田:就職先を決める場合、何を重視して決めたのですか
飯田:私の場合、最後の実習先が愛知医科大学病院だったということもありますが、大学病院には多くの診療科目があり、いろいろな症例を見てから決めても良いのかなと思っていました。進路が決まっていない場合でも、苦手だと思っていたことが実際に関わってみると自分に向いていたりとかもあるのでは。迷っているのなら、少々厳しい環境に身を置いてみるのも良いのではないでしょうか。
杉田・前田:貴重なお話しを頂きありがとうございました。
飯田:はい、頑張ってくださいね。

卒業生VOICE

学生時代の臨床実習が理学療法の面白さを知る機会に

大学病院のリハビリテーション部で、神経難病、脳卒中、肩関節疾患の患者さんの診療に携わっています。急性期病院なので、担当患者さんの多くがADL全介助状態からリハビリを開始します。大半は年上の患者さんなので、臨床の際は常に敬意を払い、リハビリでの辛さを少しでも和らげるよう、笑顔で接することを心掛けています。病態が複雑な方が多く、改善が見られないときは文献や教科書をひたすら読み、先輩に相談したりと、学びは尽きません。それでも、どの患者さんとも長く接することができ、回復していく様子や生活が向上していく姿を身近に感じられることが大きなやりがいです。ユマニテクでの実習体験は、理学療法の面白さを知る良い機会。触診や評価法といった実技の授業も、現場で大いに役立ちます。4年間の学びの中に、なりたい道のヒントが必ず見つかります。

一般整形からスポーツ傷害を中心に、高齢者から学生まで幅広い世代の日常生活や職場復帰、スポーツ復帰に携わっています。当院は外来リハビリのみなので自宅でのリハビリはもちろん、トレーニング指導も行います。併設しているフィットネスのトレーナーと共通の理解を持って患者さんの治療・トレーニング指導を進めています。院内勉強会や県内外の様々な講習会に参加して新しい情報を吸収し、持ち帰って復習、そこから臨床に生かして患者さんに満足していただきたいです。また当院から地域の部活動へトレーナーとしてトレーニング指導に行き、県内の大会のサポートなど院外活動にも参加しています。『できるようになった!』『試合に出場した!』という患者さんからの喜びの声にやりがい感じますが、そこで満足せず、常に患者さんのために何が出来るのかを考え、日々の業務に取り組むように努めています。

県内外で活躍する卒業生

主な就職先

医療機関小児施設スポーツ教育機関福祉系

三重県内

■桑員エリア
三重県厚生農業協同組合連合会いなべ総合病院、桑名東医療センター、医療法人財団青木会青木記念病院、医療法人尚徳会ヨナハ総合病院、長島中央病院、ウエルネス医療クリニック、東員町社会福祉協議会、介護老人保健施設ハート、介護老人保健施設東新苑

■四日市エリア
主体会病院、小山田記念温泉病院、富田浜病院、四日市羽津医療センター、みたき総合病院、四日市青洲病院、山中胃腸科病院、正和クリニック、四日市整形外科、浜田整形外科、専門学校ユマニテク医療福祉大学校四日市羽津医療センター附属介護老人保健施設、介護老人保健施設友愛トピア

■鈴鹿・亀山エリア
三重県厚生農業協同組合連合会鈴鹿中央総合病院、医療法人博仁会村瀬病院、医療法人誠仁会塩川病院、医療法人医秀会鈴鹿玉田医院、尾池整形外科、とうかい整形外科、社会福祉法人天年会かなしょうず園、介護老人保健施設ひまわり、介護老人保健施設パークヒルズ高塚、介護老人保健施設、訪問看護ステーション桜八野ワークセンター

■津・伊賀・東紀州エリア
三重大学医学部附属病院、三重県立一志病院、永井病院、榊原温泉病院、榊原白鳳病院、伊賀市立上野市民病院、津生協病院、三重県立草の実リハビリテーションセンターみどりクリニック、アクアクリニック伊賀、吉田クリニック、介護老人保健施設介護あのう、老人保健施設トマト、介護老人保健施設つつじの里三重大学大学院、紀南病院、尾鷲総合病院、介護老人保健施設輝、介護老人保健施設オレンジロードむつみ苑

■松阪・多気郡・伊勢・志摩・度会郡エリア
松阪市民病院、松阪中央総合病院、済生会松阪総合病院、済生会明和病院、桜木記念病院、松阪厚生病院、市立伊勢総合病院、伊勢慶友病院、河口外科、介護老人保健施設志摩豊和苑三重県立度会特別支援学校介護老人保健施設嘉祥苑、介護老人保健施設やまゆりの里、介護老人保健施設なごみの里、介護老人保健施設みずほの里、介護老人保健施設ケアハイツ玉城、介護老人保健施設第二嘉祥苑アコラス

三重県外

■愛知・岐阜・静岡エリア
愛知医科大学病院、刈谷豊田総合病院、偕行会リハビリテーション病院、善常会リハビリテーション病院、上飯田リハビリテーション病院、一宮西病院、尾西記念病院、辻村外科病院、名古屋共立病院、刈谷記念病院、尾張温泉リハビリかにえ病院、済衆館病院、名古屋市立大学大学院、総合研究大学院大学(生理学研究所)岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター、老人保健施設養老の郷、清泉クリニック整形外科スポーツ医学センター(静岡県)、市立御前崎総合病院(静岡県)

■その他のエリア
初台リハビリテーション病院(東京都)、千葉中央メデイカルセンター、鹿湯三才山リハビリテーションセンター(長野県)、相沢病院(長野県)、諏訪中央病院(長野県)、神戸リハビリテーション福祉専門学校(兵庫県)、平成記念病院(奈良県)、白鳳短期大学(奈良県)訪問看護ステーションひのき(京都府)、新宮市立医療センター(和歌山県)、公立那賀病院(和歌山県)、寛田クリニック(広島県)

オープンキャンパス申し込み