作業療法学科

ユマニテクで作業療法士になろう

こどもから高齢者まで。作業療法士は、幅広い年齢層の患者さまを支え、
日常生活への復帰や精神ケアを援助する専門家なのです。

作業療法士とは、病気や障がいを持った患者さまが主体的に日常生活を送られるよう、援助や精神ケアを行う専門家です。自分でできるようになるための身体機能の回復を図り、日常生活に戻してあげるのが仕事です。活躍フィールドは、病院やリハビリテーションセンターといった医療機関を中心に、保健施設、福祉施設など、今後ますます広い分野に広がることが予想されます。

保健・福祉分野

■介護老人保健施設
高齢者を対象としたリハビリテーション施設で、自宅復帰を目指したリハビリを行います。ここでは、自宅復帰を目指す“施設入所”、在宅生活が続けられるための“通所”や“自宅訪問”が行われます。

■肢体不自由児施設身体障がい者更生施設
障がい児や障がい者の治療、訓練、指導を行う施設で、入所諸施設を併設する所も多いです。

■訪問看護ステーション
乳幼児から高齢者まで、本人や家族が住み慣れたところで安心して生活が送れるように、自宅に訪問し看護やリハビリテーションを行う施設です。

■精神障がい者生活訓練施設
精神障がい者を対象に自立生活への支援を行う施設です。

■特別養護老人ホーム
障害のある高齢者が暮らす施設です。新たな生活の場で充実した日々を送るためのリハビリテーションを含めたサービスが提供されます。

医療分野

■地域医療支援病院(旧 総合病院)
急性の病気に対し、診療・治療を行う施設。骨折、脳卒中などの方の寝たきりを防ぎ、ベッドからの離床をすすめることを目的とします。

■診療所(クリニック)
通院してくる患者様に対して診療・治療を行い、外来リハビリテーションを提供する施設。附属の通所リハビリテーション(デイケア)を有している所もあります。

■回復期リハビリテーション病棟
急性期から脱した患者様に対して、リハビリテーションを集中的に提供して、回復を図ります。

■精神科病院
心の病を持つ患者様の治療や保護を行います。また、リハビリテーションなどを通して社会生活に戻れるように支援しています。

教育分野

■特別支援学校
学校教育と並行して生活指導や訓練などを行う施設です。

■療育施設
障がいのある幼児の保育および療育と保護者への養育援助を行う施設です。

■教育現場
ある一定期間、作業療法士としての経験を積んで、養成校での教員になることができます。

職業分野

■共同作業所
障がい者を対象とし、自立した生活を支援するために様々な作業を行なう施設です。

作業療法士のおもな仕事

作業療法士はオキュペイショナル・セラピスト(OT=Occupational Therapist)と呼ばれ、「病気や障がいを持った人自身がしたいことは何か」を考え、「その人が自分でできるようになるため」の援助や精神ケアを行いながら、コミュニケーション機能・身体機能の回復を図り、日常生活へ戻してあげるのが仕事です。私たちが何気なく行っている日常生活活動(洗顔、歯みがき、トイレ、入浴、着替え、食事など)や、携帯電話でメールを打ったり、パソコンを操作したり、買い物に出かけたり…といったごく普通の作業は、実際に身体機能が制限されると、たいへん困難になります。しかし、当たり前にできていたことなので、できないという状況は想像以上に苦痛でもあります。これら、日常生活が送れるように考え支援する仕事のほか、「自助具」と呼ばれる、患者さまの動作を助ける器具を考案・自作することもありますし、高度で専門的な知識が必要とされる「ハンドセラピー」や、高次脳障がいへの対応、生きるうえで不可欠な水分や食物を口から体内に取り込む動作「摂食・嚥下(えんげ)」の障がいへの対応なども重要な仕事です。

日常生活動作訓練 障がいを持った患者さまが、それぞれの生活に戻れるように、入浴や洗顔などの日常生活における動作訓練を行います。身の回りの動作だけではなく、調理などの家事や買い物、車の運転、職場復帰など、社会生活に関わる応用的な活動訓練も行います。
作業活動 患者さま一人ひとりの希望や目的に沿って、手、指の訓練のほかに集中や注意などの機能を高めるために、革細工、陶芸、サンドアート、その他色々な作業を用いて訓練を行います。
療育活動 コミュニケーションや身体の使い方が苦手な発達障がいなどの子どもに対し、遊びなどの活動を通して身体の使い方や人との関わり方、身の回りのことなどができるように支援します。また、両親や保育士などとも連携を取り、その子らしさをサポートする支援体制つくりを行います。
高次脳機能訓練 認知症や、交通事故後の後遺症では記憶力や注意力の低下、感情の抑制機能低下から脳の中で思考をまとめることができず、生活に必要な活動が行えなくなります。そのような見えない障がいを持つ患者さまに対し記憶や注意、集中力の向上のための訓練を行います。
ハンドセラピー 生活を営むための「手」は、複雑な機能構造になっており、外傷などで損傷すると拘縮(関節が動かないこと)しやすく、たくさんの合併症を持ちます。そのため、特別な知識を持ち、「使える手」にするための機能回復訓練を行います。
嚥下(えんげ)訓練
※食べ物を飲み込む訓練
食べ物を飲み込ことは喉の筋肉が複雑にタイミングよく動かさなければできません。患者さまの嚥下状態を評価し、食物の硬さの調整、適切な姿勢指導、食器やスプーンの選定などを行い、安定して食事ができるよう訓練を行います。

WFOT認定校
WFOTとは「世界作業療法士連盟」のこと。認定校である本校は、作業療法士の質の維持と向上を目的に定められた連盟基準に基づきカリキュラムを設けています。最低1,000時間の臨床実習の実施もその一つです。WFOTの名称は世界的に認知されており、国際的な研究発表の場や海外就労する際にも、大きな強みとなります。

ユマニテクで高度専門士になろう

4年生専門学校修了者には、作業療法士の資格が取れると同時に高度専門士の称号が与えられます。

ユマニテクでは、難しい勉強や実習を楽しく学べるように様々な工夫を取り入れています。実習に向かう前の入念な準備であったり、自らの企画で治療実習プログラムを組んだりなど、実社会へ飛び込んでもすぐに協調できるようなオリジナリティーあふれる9つの工夫が4年間を通して展開されます。

入学 – START
1 1年次は基礎知識を中心に
作業療法を学ぶために必要な解剖学や運動学、心理学などの基礎を学ぶよ。
また、校外実習にも出るよ。
1.パートナーワーク
2年生が1年生に教えることで交流を図ります。
目線が近いので、不安などの解消にはとても良いみたい。
2.ようこそ先輩
現場で働く先輩の話を聞いて、将来の自分をイメージ。目標が明確に。
…また、夏冬の見学実習も!
3.スポーツフェスタ
4学年全体で球技などスポーツ大会があるよ。
勉強とは一味違ったコミュニケーションの場となるよ。
4.施設でのレクリエーション実習
自分たちで企画する治療を盛り込んだレクリエーション実習があるよ!
地域の子どもたちを招いてハロウィンパーティーを開くボランティア実習も!
STEP UP
2 2年次は基礎から応用へ
専門基礎科目、整形外科学、神経内科学、内科学、評価学(身体・精神)など基礎医学から臨床に近い内容を学ぶよ。
5.合同ホームルーム
1年から4年までが集い、年に3回開催!
先輩の貴重な体験談はとても参考になるよ。
第3コーナーからダッシュ
3 3年次は専門知識や技術の習得を
高次脳機能作業療法学、精神機能作業療法学など各分野の治療学と評価技術を実践的に学んでいくよ。
6.プレ実習
7.医療面接
評価実習の前に実施されます。入念な準備で、いざ実習に入っても安心して取り組むことができるように対応してるよ。
まもなくゴール
4 4年次は長期総合実習と国家試験対策
病院や施設での長期総合実習を実施。実習終了後は国家試験対策を行うよ。
8.グループワーク
国家試験対策の勉強は何かと不安なもの。
グループで一緒に勉強をすることが、合格へのモチベーション維持に役立つよ。
9.研究セミナー
自ら調べたことをプレゼンテーションする体験は、実社会においても役立つよ。
卒業

卒業生からメッセージ

ユマニテクで学んだ知識と技術が現場で生きています。

もともと興味があった心理学や精神科領域の分野の仕事に就きたいと考えていました。医師以外にも診療業務ができる作業療法士という仕事を知り、絵を描くことや音楽鑑賞が趣味だったことから、この学科を選びました。ユマニテクを選んだのは、県内にあり4年制でしっかり学べると考えたから。実際、現場で役立つことが多く実践力が身に付くようカリキュラムがよく考えられていたと実感しています。現在、慢性期精神疾患の患者さんを担当していますが、ユマニテクで学んだ知識や技術に、現場で得た経験を結びつけていきたいと考えています。

長く働ける国家資格取得が魅力。

言語聴覚士として働いている姉から、作業療法士が手に職をもって長く働ける国家資格の仕事であることを聞きました。ユマニテクは4年制でしっかり学べるところや、どんなことにも親身に相談に乗ってくれる先生がいることが大きな魅力。現在、脳疾患など急性期の患者さんを担当していますが、「どうしてそんな症状が現れるのか」など、常に疑問をもって患者さんに向かい合い、問題点を見つけるプロの姿勢がユマニテクで学べたと思っています。当時一緒に学んだ仲間ができたことも大きな魅力です。

患者さんだけでなく、その家族も支えられる作業療法士をめざして

短大卒業後の10年間を社会人、主婦として過ごしていました。作業療法士をめざしたきっかけは、主人がくも膜下出血で倒れ、そのリハビリを担当していただいた方に出会ったこと。その方は、病気のことだけでなく、私たち家族のことも考えてくれて、とても助かりました。それで私も「作業療法士になりたい」と、ユマニテクに入学しました。きちんと生徒に向き合って熱心に指導してくれる先生方がユマニテクの大きな魅力。現在、発達が心配な子どもたちを担当していますが、「医療は人の人生に関わるもの」というユマニテクで学んだ姿勢を忘れずにいきたいと思います。

県内外で活躍する卒業生

主な就職先

三重県内

■桑名・員弁エリア
青木記念病院、桑名東医療センター、ヨナハ総合病院、介護老人保健施設ハート、東新苑介護老人保健施設、いなべ総合病院

■三泗エリア
みたき総合病院、三重県立総合医療センター、特別養護老人ホームよっかいち諧朋苑、正和クリニック、みえ医療福祉生活協同組合四日市地域、総合心療センターひなが、湯の山介護老人保健施設、訪問看護リハビリステーションあすか、小山田記念温泉病院、富田浜病院、主体会病院、菰野厚生病院、四日市羽津医療センター

■鈴鹿・亀山エリア
亀山市立医療センター、塩川病院、介護老人保健施設いこいの森、鈴鹿厚生病院、村瀬病院、介護老人保健施設鈴の丘、鈴鹿回生病院、鈴鹿中央総合病院、鈴鹿市療育センター

■津エリア
複合型介護施設群しおりの里、久居病院、三重大学医学部附属病院、三重県立こころの医療センター、榊原温泉病院、永井病院、第二岩崎病院、遠山病院、榊原白鳳病院、津生協病院

■松阪エリア
桜木記念病院、済生会明和病院、南勢病院、介護老人保健施設みずほの里、介護老人保健施設第二嘉祥苑アコラス、介護老人保健施設嘉祥苑、介護老人保健施設やまゆりの里、介護老人保健施設あのう、介護老人保健施設緑風苑、松阪市民病院、西井病院、大台厚生病院、松阪厚生病院、済生会松阪総合病院

■伊賀・名張エリア
信貴山病院分院上野病院、介護老人保健施設第2おかなみ、三重県立特別支援学校伊賀つばさ学園、岡波総合病院

■伊勢エリア
伊勢慶友病院、訪問看護ステーション豊和、市立伊勢総合病院、三重県立志摩病院

■紀州エリア
熊野病院、介護老人保健施設輝、介護老人保健施設菖蒲園、介護老人保健施設オレンジロードむつみ苑、紀南病院

三重県外

シニアハウスいつきの夢、蒼生病院、沼津リハビリテーション病院、北病院、介護老人保健施設和歌川苑、介護老人保健施設七宝園、南知多病院、可知病院、東京衛生病院、上林記念病院、諏訪中央病院、偕行会リハビリテーション病院、介護老人保健施設サン・くすのき、国立病院機構鳥取医療センター、上飯田リハビリテーション病院、桔梗ヶ原病院、訪問看護ステーション頭陀寺、伊良湖ケアセンター、オーネスト戸田川、アクティブいつき里小牧、介護老人保健施設みしま野苑一穂、一宮西病院、さくら会病院、信貴山病院

オープンキャンパス申し込み