歯科衛生学科

歯科衛生士とは

「すべての健康は口から」と言われるように、健康的な生活にはおいしく食べることが不可欠です。むし歯や歯周病など、歯を「治す」のが歯科医師ならば、歯を「守る」のが歯科衛生士。歯科医師の補助業務はもちろん、乳幼児から高齢者まで、幅広い世代に食生活を含めた口腔衛生指導をしたり、公衆衛生活動などを行います。歯科衛生士の活動のフィールドは歯科診療所や病院が中心ですが、生涯を通じて歯の健康づくりや口腔ケアを支援するため、学校などの教育機関や保健所・市町村保健センターなどの公的機関、企業や介護老人保健施設など多岐に渡ってきており、一生の仕事としてライフワークにする人が増えています。今や歯科衛生士は、医院内にとどまらず他職種と連携して、口腔から健康を担う歯科医療のキーマンです。

歯科衛生士の役割

歯科予防処置
人が歯を失う原因の90%が「むし歯」と「歯周病」です。この二つを予防することができれば、自分の口腔を健康的に維持することができます。歯・口腔の疾患を予防するには、薬物塗布や歯垢などの汚れを除去する予防処置技術があります。歯科衛生士は、このような歯科予防処置の専門家です。

歯科診療補助
歯科診療は、歯科医師を中心とした「チーム医療」として行われており、歯科医師の診療を補助するとともに、治療の一部を担当するなど、歯科医師との協働で患者さんの診療にあたります。歯科診療補助の範囲は多岐にわたり、歯科診療を円滑に行うためにも歯科衛生士の役割が期待されています。

歯科保健指導
生活習慣病であるむし歯や歯周病は、治療よりも予防、さらには生活習慣を改善することが大切であり、専門的な支援が不可欠です。そのため、歯科保健指導は、幼児期から高齢期、健康な人、病気や障がいのある人など、すべての人に必要な支援です。歯科保健指導は歯科衛生士の大切な役割なのです。

ピックアップ授業

実習台はひとり1台

実習室には、患者さんに見立てた「エンジン付きファントーム実習台」を42台設置。クラス全員、一斉に基礎訓練ができます。口腔内でのデリケートな作業のため、インストラクターが複数入り、細やかに指導。

東洋医学を学ぶ

本学の鍼灸学科教員による「東洋医学概論」で、正しい舌診法等を学習。東洋医学的な見方は、患者さんとのコミュニケーションツールにも役立ちます。他にも自身の体のコントロール法等、興味深い内容です。

患者さんがいざというとき

2年次後期の「歯科麻酔」では、一人一体の専用ボディを用いてAEDの使用を含めた一次救命処置を学びます。この「救急蘇生実習」を履修すると、BLSヘルスケアプロバイダー資格を取得できます。

実習紹介

基礎実習・相互実習

主に学内の実習室で行われ、歯科衛生士として必要な技術を習得する授業です。
「基礎実習」は、人の口腔内をかたどったファントーム実験台での反復練習。歯石を除去するスケーリングも、歯の位置や形に合わせてスケーラーの持ち方や動かし方が異なるため、繰り返し練習することで身体が自然に動くようになります。また、学生同士が相互に患者役になり、歯科医院と同じ診療台を使った「相互実習」も行います。歯科医療の現場を想定したトレーニングで、2年次後期からの「臨床実習」に備えます。

臨床・臨地実習

学生が実際に病院や診療所、福祉施設へ行って実践的な臨床を学習する授業です。
歯科診療所、病院内口腔外科で行う「臨床実習」。予防処置法を始め、一通りの業務を体験学習します。患者さんと実際に触れ合うことで技術と接遇を磨き、気配りのできる人間性を養います。「臨地実習」は幼稚園、小学校、社会福祉施設で行い、2年・3年次にすべての学生が一般、矯正、口腔、小児など6ケ所の医療機関と2ケ所の施設で、計900時間「臨床・臨地実習」を行います。実習先の医療機関・施設との太い連携に加え、各所にOGを輩出していることが本校の強み。安心して実習に取り組める環境を整えています。

MY DREAM STORY

高校の時は、パティシエか美容部員になりたいと思っていました。しかし、進路決定が近づき担任の先生に相談している時に、歯科衛生士を薦められオープンキャンパスに参加しました。その時に私もこんな風に人の役に立つことが出来るようになりたいと思いました。入学後は高校とは違い、クラス全員が衛生士になるという目標に向けて互いに切磋琢磨する仲間と出会いました。勉学では口腔のことだけでなく全身について、介護、栄養学など幅広くたくさんのことを学ぶ事が出来ました。実習では先生方が熱心にご指導してくださったおかげで出来ないと思っていたことも、出来るようになり時には挫けそうになりながらも、仲間と支え合い自分の限界を自分で決めないことも学びました。必死に頑張った国家試験を終え、衛生士として働く毎日がとても楽しく充実しています。患者さんから「ありがとう」と言って喜んでいただけることが一番やりがいを感じます。これからも、たくさんの方のお役に立てるよう頑張ります。

大学では日本史を勉強していましたが、就職を考えるにあたり、子供の頃から定期的に通っており身近な存在であった歯科医院で働く衛生士という職業を志しました。専門学校卒業後は、大学病院の研修生となり、衛生士のメイン業務である歯周病の基本的治療から最新の再生治療まで専門的に学び、患者さんとコミュニケーションを取ることの大切さを知り、楽しく充実した日々を過ごしました。研修後は、病院の非常勤職員として勤務し、衛生士学校の実習生を指導した経験から、教員として母校に勤務することになり、大学や大学病院で身に付けたことが大いに役立ちました。現在は結婚し、一般の歯科医院で常勤衛生士として勤務しています。歯科衛生士は一人の患者さんと長く関わる職業であり、自分のスキルがその口腔内に反映されることに働き甲斐を感じています。口腔衛生のプロフェッショナルとして、知識や技術を向上し、患者さんと喜びを分かち合える素敵な職業だと思います。

高校卒業後、総合病院に看護助手として就職した際に、入院患者さんのあまりに汚れた口腔内に驚いたことが歯科衛生士を目指すきっかけとなりました。歯科衛生士の免許を取得後、一般歯科・障害者歯科を経験し、現在は病院歯科で勤務しています。病院歯科では口腔外科に来院する患者様に対応するだけではなく、他科の患者様の手術前後の口腔ケア(周術期口腔機能管理)をする業務を担います。そのためには口腔ケアに対する知識・技術だけでなく、その方の生活背景などを読み取り、疾患や今後の生活について考慮したケアを行い、QOL(生活の質)の向上を目指します。歯科衛生士はひとりの患者様を医療・福祉職(多職種)が連携を取るチーム医療の一員であり、口腔分野の専門家として支援できる仕事です。現在、総合病院に歯科衛生士として戻り、日々勉強しながら楽しく働いています。

教員紹介

歯科医療のみならず、社会全体で求められているのは人間力と問題解決能力です。本校では皆さんが今持っている力を、共に伸ばしていきたいと考えています。「主体的に学ぶ」ことが楽しいと感じ、自己実現に向かって切磋琢磨している学生たちの姿は感慨無量です。

現在は医療・福祉の壁を超え、一人の患者様を支えるために『多職種との連携』が必要とされています。本校だからこそ出来る他学科との交流の中で、いろいろな職種を目指す仲間と情報交換ができる環境で学べることは、貴女たちの輝かしい未来への扉が開くことでしょう。

歯科衛生士を目指す3年間は、沢山の知識、技術を学ぶ事になります。そんな学生生活の中では、時に壁にぶつかる事もあるかもしれませんが、出来る限り学生の皆さんの気持ちに寄り添ってサポートしていきたいと考えています。一緒に頑張りましょう。

歯科衛生士になる為の『初めの一歩』を踏み出してください。一歩踏み出した学生たちが、初めての授業に悪戦苦闘しながらも修得し成長している姿は素敵です。歯科衛生士として社会で活躍できる実力の基礎が修得できるような授業をしていきたいと思います。

これからの社会において私たち歯科衛生士の果たす役割は大きく変わろうとしています。多様な患者様に対応する為、全身と心の変化に「気づき」の眼を持った医療が求められます。歯科衛生士は、患者様の笑顔溢れる人生をサポートしていける魅力ある仕事です。

在校生の声

どんな歯科衛生士を目指しているか
私の目指す将来像は、患者さんに笑顔になってもらえる歯科衛生士です。目指すきっかけは歯科矯正を始めたことで、治療中は辞めたいと思う事が何度もありましたが、歯科衛生士さんに優しく励まされて続けることができ笑顔でいることが増えました。私の経験から患者さんの気持ちをより理解してアドバイスができ、不安を少しでも取り除ける歯科衛生士を目指します。

ユマニテクの歯科衛生学科を目指す方へのメッセージ
ユマニテクは技術以上のものを得ることができます。校内実習で分からないことがあると理解できるまで先生方が熱心にご指導くださり何でも相談できる環境です。技術学習だけでなくコミュニケーションや礼儀・マナー教育も重視しており充実した設備・環境の中で学ぶことができます。厳しい実習も先生方や友達と一緒に励まし合い一つ一つ乗り越えることができ自信につながります。ぜひユマニテクで学びましょう。

県内外で活躍する卒業生

主な就職先

三重県内

■桑名・員弁エリア
桑名市民病院、きじまデンタルクリニック、佐久間歯科医院、(医)社団良美会桑名歯科、きたか歯科、セントラル歯科、(医)おぎた小児歯科

■三泗エリア
四日市市保健センター、市立四日市病院、羽田歯科医院、しんじ歯科クリニック、しばた歯科、みどり歯科、(医)さざなみ石塚いとう歯科、山根歯科医院、いながき歯科、山下歯科医院、はしもと歯科、大井歯科医院、寺嶋歯科、おぐら歯科医院、前田歯科医院、(医)HIMAYARI歯科診療所ひまわり、わたなべ歯科クリニック、成田歯科、カタオカビル小児歯科、タカダ歯科医院、おびら歯科、きり矯正歯科クリニック、はやかわ矯正歯科、(医)AQUAもりもと歯科クリニック、(医)にいみ歯科医院、(医)辻歯科医院、デンタルクリニック菊池歯科、やまて通りデンタルクリニック、ゆり歯科クリニック、山下歯科医院、タカダ歯科医院

■鈴鹿・亀山エリア
堀デンタルクリニック、(医)大木会大木歯科医院、(医)鈴鳴会鳴神歯科、たなか歯科、十宮歯科医院、オー・デンタルクリニック鈴鹿、白子小児歯科、笠井歯科医院、デンタルフリーまちこクリニック、玉垣歯科医院

■津エリア
三重県庁、三重大学大学附属病院、川村歯科クリニック、まぜ歯科医院、もみの木歯科、六石歯科医院、浅野歯科医院、こいえ歯科口腔外科、高山歯科医院、とも歯科クリニック、(医)昭友会中嶋歯科医院、笠原歯科、いとうデンタルクリニック、(医)上津デンタルクリニック、宮崎歯科診療所、のだ歯科クリニック、ふくもり歯科医院、榊原温泉記念病院

■松阪エリア
やまゆり歯科、(医)夢真会せこ歯科クリニック、デンタルクリニックよしだ、後藤歯科クリニック、りっぷ歯科クリニック、かわいまち歯科口腔医院、(医)尚志会林歯科医院

■伊賀・名張エリア
中川歯科医院、(医)社団明愛会おかむら歯科、アイウエオ矯正歯科医院、アリス新谷歯科・矯正歯科

■伊勢エリア
山口歯科医院、伊藤歯科、はね歯科医院、北川歯科医院、右京歯科

■紀州エリア
わたなべ歯科医院

三重県外

中矢歯科(愛知)、(医)泰雪会蕨歯科クリニック(埼玉)、いとう歯科クリニック(千葉)、西村歯科(大阪)、岡本歯科(和歌山)、森歯科クリニック(茨城)、今井歯科クリニック(大阪)

オープンキャンパス申し込み