卒業生からのメッセージ

理学療法学科 2013年度卒業

学生時代の臨床実習が
理学療法の面白さを知る機会に

愛知医科大学病院リハビリテーション部 勤務
田中 拓哉さん
いなべ総合学園高校出身

大学病院のリハビリテーション部で、神経難病、脳卒中、肩関節疾患の患者さんの診療に携わっています。急性期病院なので、担当患者さんの多くがADL全介助状態からリハビリを開始します。大半は年上の患者さんなので、臨床の際は常に敬意を払い、リハビリでの辛さを少しでも和らげるよう、笑顔で接することを心掛けています。病態が複雑な方が多く、改善が見られないときは文献や教科書をひたすら読み、先輩に相談したりと、学びは尽きません。それでも、どの患者さんとも長く接することができ、回復していく様子や生活が向上していく姿を身近に感じられることが大きなやりがいです。ユマニテクでの実習体験は、理学療法の面白さを知る良い機会。触診や評価法といった実技の授業も、現場で大いに役立ちます。4年間の学びの中に、なりたい道のヒントが必ず見つかります。

作業療法学科 2010年度卒業

患者さんのお役に立てている
そう実感できる仕事です

鈴鹿中央総合病院勤務
初岡 由香さん
相可高校出身

総合病院で作業療法士として勤めて4年。現在は、当病院の臨床実習生を担当させてもらう立場となりました。実習期間が訪れるたび、ユマニテクで過ごした学生時代のドキドキした気持ちを思い出します。学生に教える立場でありながら、こちらが勉強させてもらうことも多く、「医療人は生涯、学びである」と実感しています。作業療法の勉強には、患者さんの手の機能を獲得するために、革細工や陶芸といったことも学びます。作業を用いることで、訓練の中に楽しみの要素を取り入れることができるのは、作業療法ならでは。私たちの援助を通して、患者さんが革細工などを楽しみながら訓練に参加されている姿を見るたび、「誰かのお役に立てているのだ」と、やりがいを実感しています。患者さん自身が頑張りたいと思うリハビリを提供できることが、この仕事の喜びです。

歯科衛生学科 2013年度卒業

現場での日々の発見が
自分自身の成長へとつながる

中嶋歯科 勤務
黒川 耐恵さん
飯野高校出身

歯科衛生士は患者さん相手の仕事。患者さんの思いにしっかりと耳を傾け、その気持ちを受け止めて共感することを大切にしています。ときにはミスもしますが、「辛い」では終わらせず、その原因と今後の対策を考えることで、マイナスの気持ちをプラスへと切り替えています。現場では日々発見、勉強させていただくことばかりで、それが自分自身の成長に繋がっていると感じています。現在の目標は、患者さんに不快感を与えない施術ができるようになること。予防処置といった技術は、勤務時間後に先輩からご指導いただいています。ユマニテクで身につけた敬語の使い方や接遇は、現場でとても役立っています。新人は学校や実習で経験を積んでもまだまだできないことばかり。それでも敬語は相手を思いやることができれば、自然と話すことができます。

介護福祉学科 2011年度卒業

ユマニテクでの学びにより
今、成長できた自分がいる

特別養護老人ホームルーエハイム勤務
岩間 里絵さん
亀山高校出身

入所施設で、利用者さんの食事、入浴、排泄等の介助といった身体的な介護を行っています。利用者さんの不安感を少しでも和らげるよう、日常のコミュニケーションやふれあいを大切にしています。介護福祉士は利用者さんに元気を与える側でありながら、逆に元気や癒しをいただくことも多々。命を預かる仕事なので大変なこともありますが、そんな瞬間にやりがいを感じています。認知症の方やさまざまな性格の利用者さんと接する中で、現場では一人ひとりの表情から発せられるサインを感じとることを心掛けています。とくに体調管理は看護師との連携が不可欠。少しの変化にも気づくことができるよう、普段から意識しています。現場で折りにふれて感じるのは、ユマニテクでの学びが実践に直結しているということ。複数の施設で実習できたことも、今の仕事に生きています。

オープンキャンパス申し込み